Rakuten Mini

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
2020年3月4日 (水) 08:58時点におけるCory (トーク | 投稿記録)による版 (ln)
移動先: 案内検索
Rakuten Mini
RakutenMini white+black.jpg
White & Black FeliCa対応
メーカー 楽天モバイル
発売日 2020年 1月23日
OS Android 9
通信方式 LTE (4G)
SIMフリー
SIMタイプ eSIM
NTTドコモ【○】 au【○】
SoftBank【△】 楽天【○ VoLTE】
◎=幅広く対応 ○=主要バンドに対応 △=一部のみ対応(非推奨) ●▲=要SIMロック解除
サイズ <小> 縦106.2×横53.4×厚さ8.6 mm / 重さ 79 g
性能 / SoC △ / Snapdragon 439
メモリ(RAM) 3GB
内蔵ストレージ 32GB
ストレージ増設 ×
電池容量 1,250mAh
急速充電 ×
端子 USB Type-C
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth ○ 5.0
NFC
FeliCa モバイルSuica対応
GNSS(GPS等) ○ 対応衛星不詳
生体認証 ×
防水 IPX2 / IP5X
ディスプレイ 3.6インチ TFT 1,280×720px
アウトカメラ 16MP f/2
インカメラ 5MP f/2.2
イヤホン端子 ×
ストラップ
本体色 ■ナイトブラック □クールホワイト クリムゾンレッド
参考市価 21,800円(税込)
Rakuten Mini仕様説明書

Rakuten Mini(らくてん ミニ)は、楽天モバイルが販売するLTE(4G)対応の小型スマートフォンAndroid 9 Pie を搭載。

製造元は中国 Shenzhen Tinno Mobile Technology、輸入元は WIKO JAPAN

2020年 1月23日に、同社の無料サポーター限定で発売された。 一般発売は 4月 8日[1]楽天モバイル楽天回線開始より。

カラバリは3色。そのうちブラックとホワイトは発売中だが、クリムゾンレッドは4月中旬頃発売予定。

筆者は無料サポーターに門前払いされたので(T_T)、4月に一般発売されたら買うかなーと思いつつ、店頭デモ機を触ってきたので、本稿はその範囲の備忘録。

店員さん曰く、かなり売れているらしいので、きっと幸運な無料サポーター諸氏によるレビュー記事がどんどん出てくるだろうから、実際の使用感などはそちらでどぞ。

特徴

みんな大好き待望のストラップホール

小さい! 軽い! モバイルSuica対応! ストラップホールあり!

そしてSIMフリー。 ついでに安い。

言ってしまえばそれだけのこと。でも今のご時世、それだけで貴重な存在…

ただしイヤホンマイク端子は無し。USB Type-C 端子からの変換ケーブルが付属。

対応バンド

[2] (太字は日本国内で使われているバンド番号)

VoLTE対応は楽天のみ。 でもきっと au VoLTE にも対応しているよね?

auとドコモの主要バンド(いわゆるプラスエリアを含む)に全対応。

一方、国際バンドでソフトバンク・ワイモバイルのプラチナバンド Band 8 には非対応

おや、MVNOでもeSIM始めるのかなー? と期待したくなるバンド構成:) (現状では使えません。MVNO契約者には売ってもらえません。)

性能

触った感じは、ちょっともっさり。 でも、小さな画面が奏功してか、またはメモリ3GB搭載が奏功したのか、非力な廉価版SoCを積んでいるわりに、まあまあ使えそうな印象。

真冬とはいえ、店頭デモ機なので電源が入りっぱなしで、デモモードが常に起動していても、発熱は感じなかった。この様子なら、暑い日本の真夏にもなんとか耐えられるかな?

筐体

ホーム画面 Google play と楽天ペイが入っている

よく見ると安っぽさも見られるが、まあ遠目に見れば違和感ないかな。 むしろ今時は小ささの方が違和感か

しかし、小さい画面の割りにベゼルが広くて古めかしさを醸し出していた:)

カメラ

まあ写ればいいかな程度だと思う。コード決済に使うには充分じゃないかな。 反応(シャッターラグ)は、思っていたよりは頑張っていた。

店頭デモ機に工場出荷時の保護シートが貼ったままになっていて、剥がしてもらうのも気が引けたので、まともな試写はできなかったけれど…

プリインアプリ

楽天グループのプリインアプリ多数

楽天関係のアプリがたくさん入っていた。設定にロックがかかっていたのでアンインストールの可否は不明。

楽天ペイもプリインされていたので、たぶん小さな画面に対応したのだろう。 他のナントカPayアプリが使えるかどうかは気になるけれど

ただしLinkアプリは入っていなかった。まあ単に間に合わなかったのだろう

それ以外では、おサイフケータイアプリが入っていた。

あとは基本、Google関係のみ。シンプル。

もちろん Google play も入っている。 Playプロテクトの認定を通っているかは未確認(Googleアカウントへログインされていなかったので)。

eSIM

本機はeSIMのみ対応なので、SIMカードを差し替えて使うことはできない。

店員さんに聞いた話、今後どうなるかは不明だが、現時点ではeSIMへの書き込みは店頭で行っている(ユーザーに開放していない)そうだ。そのため、例えば iPhone 11 などを持ち込んで楽天モバイルをeSIMに書き込むといったことはできない。

eSIM自体はGSMの仕様に準拠しているようだし、すでにIIJmioのeSIMを入れた人もいるようなので、この調子ならば海外のeSIMサービスも使えそう?

試してみたいこと

  • 通話、特に送話(小さい端末だと相手に声が遠いと言われがちなので)
  • この小さな画面でコード決済(PayPayなど)が使えるか
  •  〃 モバイルSuicaアプリをまともに使えるか
  • 文字入力など

その他いろいろ:)

本機(左)と AQUOS R compact(右)大きさ比較

その他

なかなか売れているらしい。無料サービスを契約する人の多くがこれを買っていくと。まあそうだろうなー無料サポーターに応募するような尖った人には売れそうだよなー一般受けするかは未知数だが

でも在庫も潤沢に(倉庫がいっぱいになるくらいに!)用意しているそうで、楽天モバイルのMNOサービスが始まったら買ってもらえると思いますよー、とのこと。

OSバージョンアップ予定は不明だそうな。

店頭デモ機では設定がロックされていて見られなかったけれど、Androidセキュリティパッチがどの程度提供されるのかも気になるところ。

気になる余談

既存のMVNO契約者には、正式サービス開始以降順次、MNOのSIMカードが送られてきて、差し替えて使えることになっている。 そして、料金プランは既存のMVNOのプランを引き継ぐか、新プラン(正式プラン)に変更するか、選択できると案内されている。

しかし、店頭で本機に機種変更する場合は、旧プランでの申し込みはできないので、新プランに切り替えてもらう必要があるとの案内だった。

もちろんMVNOからの切り替えはまだ始まっていないので、実際にはどうなるかは不明だが、今のところは、そういう認識らしい。

うーん??

関連していそうな他所の記事

関連