会津坂下駅

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
只見線
会津坂下
あいづばんげ Aizu-Bange
福島県河沼郡会津坂下町
若宮 (2.7km) (4.4km) 塔寺

地図を読み込み中...

18l5361
18m5896
管轄 JR東日本 仙台支社
配線 2面2線
有人駅 ○ 直営駅
出札窓口・券売機 みどりの窓口あり、券売機あり
待合室 ○ 冬季暖房あり、駅スタンプあり
路線バス 会津バス柳津線「坂下南小前」(徒歩5分、標柱・待合室あり)
西会津町民バス「坂下南小学校前」(徒歩5分、標柱・待合室あり)
会津バス若松駅行、喜多方駅行「仲町」(徒歩10分、標柱あり)
タクシー 常駐、いない場合は呼出(河沼タクシー 0242-83-2531、赤城タクシー 0242-83-3215
シェアサイクル・レンタサイクル ×
トイレ
飲料自動販売機
売店 ×
携帯電話圏内 ドコモ au SB PHS(2019年11月)
会津坂下駅


会津坂下駅(あいづばんげえき)は、福島県河沼郡会津坂下町にある、JR只見線

只見線の拠点駅で、中間駅で唯一、みどりの窓口がある(他の3つの有人駅の出札窓口は、みどりの窓口ではないので、取扱に制限がある)。自動券売機も1台設置されており、オレンジカードを使える(Suicaは使えない)。

1本だけだが、当駅で折り返す若松方面への列車も設定されている。

駅周辺

会津坂下町の中心街に面した場所にある。駅前の道をまっすぐ7分ほど歩くと町役場があり、そのあたりが町の中心。

只見線の定期旅客の大半はここ坂下への通学か、若松への通学と思われるが、当駅付近には高校が複数立地しており、平日の朝夕は通学客でごった返す。 奥会津からガラガラの列車に乗ってきても、当駅からどっと混むことがあるので、当駅に着くまでに荷物をまとめたり、食事を済ませたりしておこう。

なお、駅南側へ行くときは、一旦駅舎を出てから左手の跨線橋を利用する。

駅舎を出て正面左手の坂下南小の裏手には、SL (C58) が静態保存されており、外からも見学できるようになっている。

冷やしラーメン

坂下では「水そば」と呼ばれる冷やしラーメンを通年出す店が多い。もちろん普通の熱いラーメンも出すし、町中にラーメン店が点在しているので、列車の待ち時間などを使ってラーメン屋を訪ねても良いだろう。 ただし営業時間が昼のみの店や、昼と夜のみの店が多く、列車の時刻にうまく合わせづらいのが難。また駅から少し歩く。

町中の「仲町」バス停などから喜多方駅へ短絡できるバス路線もあるので(後述)、路線バスも組み合わせた旅をする時に寄ると良い。

路線バスで喜多方へ短絡

路線バスは複数系統走っているが、駅前には乗り入れておらず、町中に点在するバス停まで行ってから乗る必要がある。

この辺りの路線バスは列車への接続は考えられておらず、バス同士で接続して若松や喜多方へ出られるようになっている。列車の本数が少ないこともあるのだろうが、慣れないと分かりにくさもある。

若松へ行く路線バスは平日は毎時1本程度ある。 坂下から若松まで只見線は大きく迂回しているため時間がかかるが、路線バスはまっすぐ行くため、列車と所要時間は変わらない。役場前の「仲町なかまち」から七日町駅まで約30分。ただし路線バスは若松の市街地を通るため、会津若松駅まで行くと多少時間がかかる。

ほぼ平日のみ(土曜日は2本のみ、休日は全便運休)だが、喜多方駅へ出られるバス路線もある。列車では大迂回になるが、地理的には坂下と喜多方は隣同士で、路線バスはまっすぐ行くため、所要30分ほど。喜多方へ出たい時はバスの方が早い。ただしバスは駅前に乗り入れないため、列車から乗り継ぐ場合は、バス停まで少し歩く必要がある。駅から近いバス停は役場前の「仲町」で、10分ほど見ておくと良い。

なお、塔寺立木観音前を通って柳津へ行くバス(休日運休)は、駅近く(と言っても徒歩5分ほど)の「坂下南小前」から乗車できる。

西会津町民バス

本数は少ないが(平日4便、土休日は2便)、野沢駅まで短絡する西会津町民バス(野沢坂下線、西会津町内でのみ降車可)も利用できる。 駅から近いバス停は「坂下南小学校前」(徒歩5分、標柱あり)。他、「仲町官庁街」「坂下古町」「会津バス坂下営業所」からも乗車できる。所要約40分。

なお、川口方面からの列車と乗り継ぐ場合は、会津坂本駅で乗り継ぐと、平日昼間の2本のみだが、比較的接続が良い(当駅ではうまく接続しない)。

参考リンク

会津坂下
あいづばんげ
若宮 塔寺
Wakamiya Aizu-Bange Tōdera