会津鉄道会津線

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
会津鉄道から転送)
移動先: 案内検索
📅 筆者の最終訪問時期:2018年秋
本稿は、2018年秋、またはそれ以前の情報です。
会津鉄道へ訪問の際は、予め公式ホームページなどで最新の情報を確認してください。
門田駅を通過する快速「AIZUマウントエクスプレス」号
門田駅を通過する快速「AIZUマウントエクスプレス」号

会津鉄道(あいづてつどう)会津線(あいづせん)は、西若松駅福島県会津若松市)から会津高原尾瀬口駅(福島県南会津町)までを結ぶ鉄道路線。全線単線・一部電化(会津田島~会津高原尾瀬口間)。

多くの列車が会津田島駅発着になっており、西若松方面への列車は全列車が只見線会津若松駅まで乗り入れている。会津高原尾瀬口方面への列車はほとんどが野岩鉄道会津鬼怒川線へ乗り入れている。 また、浅草駅から東武特急リバティが会津田島駅まで直通運転している。

見どころ

なにげない車窓の風景も楽しみのひとつ。会津鉄道の車両は窓をきれいにしていて、景色もよく楽しめる。
なにげない車窓の風景も楽しみのひとつ。会津鉄道の車両は窓をきれいにしていて、景色もよく楽しめる。

新緑・紅葉

大川ダム公園の紅葉
大川ダム公園の紅葉

車窓からも眺めることができるし、塔のへつり大川ダム公園などが駅から近いので、立ち寄り観光も良い。

大川ダム公園では、アジサイも楽しめる。

会津鉄道の車両は窓をきれいにしているので、日中時間帯を走るどの列車に乗っても良いが、専ら車窓の景色を楽しむなら、お座トロ展望列車「風覧望」(要整理券、不定期運行)や、同車両を使った野岩鉄道運行の「湯めぐり号」がおすすめ。

雪景色

南側の区間では積雪が多いが、運休や遅延はほとんどなく、列車は通年ほぼダイヤ通りに走っているので、冬の旅行もおすすめ。
南側の区間では積雪が多いが、運休や遅延はほとんどなく、列車は通年ほぼダイヤ通りに走っているので、冬の旅行もおすすめ。

会津線の南側は積雪が多く、雪景色を楽しめる。

積雪深は只見線ほどではなく、冬季もほぼ運休等なくダイヤ通りに走っているので、気軽に雪景色を楽しめる。

鶴ヶ城

会津若松市中心部の南側にある鶴ヶ城(会津若松城)は、会津若松観光の拠点的存在。現地の観光ビューローが様々なイベントを仕掛けていて通年にわたり観光客を迎え入れる態勢を整えている。また隣接して福島県立博物館がある。

七日町駅から会津バス「ハイカラさん」で「鶴ヶ城入口」下車。

西若松駅東口から会津バス各系統で6分「鶴ヶ城西口」下車、または西若松駅東口から歩いて30分ほど。

ねこ駅長・施設長

芦ノ牧温泉駅で人気の ねこ駅長。勤務時間外は立て看板がお出迎え。
芦ノ牧温泉駅で人気の ねこ駅長。勤務時間外は立て看板がお出迎え。

芦ノ牧温泉駅には、猫の「らぶ」駅長、「ぴーち」施設長が勤務中。勤務日・時間に注意。

また、駅舎の脇には初代ねこ駅長「ばす」の墓所(ハナモモの木が植えられている)がある。

過去にマナーの悪い人がいたようで、ねこ駅長・施設長は撮影禁止になっている(他の駅舎内などは撮影可)。

ラーメン店

芦ノ牧温泉駅のすぐそばに、著名なラーメン店「牛乳屋食堂」と「うえんで食堂」がある。

「うえんで食堂」(駅徒歩5分の上三寄郵便局並び、9時頃から完売まで、火曜定休)は実質昼頃までの営業になるので、早めの来店がおすすめ。

牛乳屋食堂」(駅徒歩3分、11~15時・17~20時、水曜定休)は昼は混雑するが、夜17時台は比較的空いているのでおすすめ。芦ノ牧温泉駅 18:27発の会津田島行きが、北千住・浅草や半蔵門線直通電車まで接続する最終列車。

大内宿

大内宿入口の湯野上温泉駅駅舎は茅葺き屋根で、囲炉裏もあり。隣には足湯もある。
大内宿入口の湯野上温泉駅駅舎は茅葺き屋根で、囲炉裏もあり。隣には足湯もある。
旧宿場町の街並みが保存され、茅葺き屋根の建物が並ぶ大内宿
旧宿場町の街並みが保存され、茅葺き屋根の建物が並ぶ大内宿

大内宿(おおうちじゅく)は、会津と日光を結んでいた旧下野街道の宿場町。茅葺き屋根の建物などの街並みが保存されている。

湯野上温泉駅より広田タクシー「猿游号」に乗り換えて終点下車。閑散期・冬季は土休日のみの運行になったり要予約になることがあるので、予め運行日を確認しよう。

塔のへつり

塔のへつり(とうの岪)は、大川の河岸浸食による断崖絶壁を見られる景勝地。春の新緑、秋の紅葉が見ごたえあり。塔のへつり駅より徒歩10分。

ますバーガー

会津下郷駅に併設の「駅カフェしもごう」
会津下郷駅に併設の「駅カフェしもごう」
お座トロ展望列車は会津下郷駅で停車し、「ますバーガー」の車内販売が行われる
お座トロ展望列車は会津下郷駅で停車し、「ますバーガー」の車内販売が行われる

会津下郷駅に併設されている「駅カフェ」では、下郷町名産のを使った「ますバーガー」を販売している。

お座トロ展望列車は会津下郷駅で停車時間があり、車内での移動販売も行っている。

温泉

沿線

★=駅近温泉場

昭和村方面

南郷地区、只見町方面

舘岩地区、桧枝岐村方面

キャラクター展開

鉄道むすめ「大川まあや」のグッズ展開
鉄道むすめ「大川まあや」のグッズ展開

主要駅には鉄道むすめ大川まあや」の等身大パネルが設置されており、グッズ展開も盛んに行われている。

2018年8月からはテレビアニメ「ノラと皇女と野良猫ハート」とのコラボイベントも展開されている。

帰りは座って

会津田島からは北千住・浅草まで東武特急リバティが直通運転
会津田島からは北千住・浅草まで東武特急リバティが直通運転
特急リバティの運行開始に合わせて会津鉄道でも新型列車を導入。普通車だがリクライニングシートの乗り得列車。
特急リバティの運行開始に合わせて会津鉄道でも新型列車を導入。普通車だがリクライニングシートの乗り得列車。
  • 会津田島駅からは東武特急リバティが乗り入れており、全席指定の特急券を購入すれば北千住浅草まで直通で座って帰れる。
  • 鬼怒川温泉方面へ直通する快速「AIZUマウントエクスプレス」号と、浅草方面につながる最終列車(会津若松駅18:06発の会津田島行)には、料金券無しで乗車できるが、リクライニングシート採用のAT-700・750形を含む2両編成が入ることが多い。単行(1両編成)の列車はハイシーズンや通学時間帯に混雑するが、2両編成は大抵座れる。
  • 会津田島から鬼怒川温泉下今市までは特急リバティも特急券無しで乗車できて乗り得。この区間は大抵空いているのでまず座れるが、途中から特急券(全席指定)を持つ人が乗ってきたら席を移る必要がある。
  • 鬼怒川温泉下今市で一旦降りて特急スペーシアに乗り換えるのも良い。日光観光のハイシーズンには鬼怒川温泉始発特急に乗ると良い。夜のスペーシア(鬼怒川温泉駅発 18:36, 19:25)は「夜割」対象。
  • ハイシーズンを除けば午後の東京方面への東武電車はあまり混まないので、乗り換えの手間はかかるが、特急に乗らなくても北千住浅草地下鉄半蔵門線東急田園都市線直通電車まで大抵座って帰れるし、北千住乗り換え日比谷線(もし混んでいても1本見送れば始発電車)・千代田線小田急直通を含む)も大抵座れる。
  • 京急沿線へは、浅草(特急利用の場合)または押上(特急に乗らない場合)乗換で都営浅草線経由が便利。エアポート快特は混んでいることが多いが、青砥始発電車(京急線内は快特または特急になる)を待てば大抵座れる。

お得なきっぷ

「ゆったり会津 東武フリーパス」 別途特急券を購入すれば特急列車にも乗れる
「ゆったり会津 東武フリーパス」 別途特急券を購入すれば特急列車にも乗れる
片道(通り抜け)利用の場合は、普通乗車券利用になり、野岩・会津鉄道の区間は車内で車掌から購入する(現金のみ)か、東武の駅でも連絡乗車券を発売している(券売機ではPASMO利用可)。新藤原までは東武の株主優待乗車証も使える
片道(通り抜け)利用の場合は、普通乗車券利用になり、野岩・会津鉄道の区間は車内で車掌から購入する(現金のみ)か、東武の駅でも連絡乗車券を発売している(券売機ではPASMO利用可)。新藤原までは東武の株主優待乗車証も使える
出札窓口がある駅では乗車券を購入できるが、100km以下の切符では、湯野上温泉駅・塔のへつり駅以外での途中下車不可(下車前途無効)。100kmを超える区間の3社連絡乗車券を購入すると2日間有効・途中下車可となる。
出札窓口がある駅では乗車券を購入できるが、100km以下の切符では、湯野上温泉駅・塔のへつり駅以外での途中下車不可(下車前途無効)。100kmを超える区間の3社連絡乗車券を購入すると2日間有効・途中下車可となる。

PASMO・Suicaは使えず、面倒な現金精算になり、運賃も高めなので、お得なきっぷを買って行くのがおすすめ。

  • ゆったり会津 東武フリーパス - 東武からの往復と、東武日光~下今市~会津鉄道間の乗り放題のセット券。会津田島北千住から往復 5,510円)、芦ノ牧温泉(同 6,500円)、喜多方(同 6,980円)と、会津線内の有効範囲により3種類に分かれている。「喜多方」では、西若松から会津若松喜多方までのJR只見線磐越西線も乗り降り自由になる。会津若松駅では自動改札機に投入すると誤動作する(回収されてしまう)ので、有人通路を通るよう案内されている。
  • 週末パス - 週末限定。JR東日本のフリー区間に加え、会津線(西若松~会津田島間)も乗り放題になる。
  • 会津ぐるっとカード - 2日間有効で、大人 2,670円、小人 1,370円。会津線(西若松~会津田島)、只見線(会津若松~会津柳津)、磐越西線(猪苗代喜多方)と、会津バス主要路線が乗り降り自由。会津若松観光ビューローが発行しており、会津若松市内の観光に便利。前売券は現地で引換が必要なので注意。会津鉄道の出札窓口(営業時間内)や会津若松駅で引換可。前もって会津田島駅に電話しておくと当日乗換時に改札口で引換できる。

他にも多数設定あり。会津鉄道のお得きっぷを参照。

なお、湯野上温泉駅塔のへつり駅では全ての切符で途中下車可となっているようだ。

駅一覧(各駅へのリンク)

  • 正確な情報は、最新の時刻表公式ホームページなどで確認してください。
  • リンクが赤色の駅は、本サイトでは現時点で該当記事がありません(準備中または執筆予定無し)。近隣のリンクが青色・紫色の駅の記事をご覧ください。
  • 会津鉄道会津線では、Suica・PASMOなどのICカードは利用できません。乗車前に切符を購入するか、現金での精算が必要になります。
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ* 接続路線・備考 出札 配線 所在地
会津若松駅*
あいづわかまつ
- 3.1 Pictogram Railway.pngJR磐越西線
Pictogram Bus.png会津バス「ハイカラさん」「あかべぇ」東山温泉鶴ヶ城方面)
福島県
会津若松市
七日町駅*
なぬかまち
1.3 1.8 Pictogram Bus.png会津バス「ハイカラさん」「あかべぇ」(鶴ヶ城・東山温泉方面) △*
JR只見線(会津若松方面)へ直通運転
西若松駅
にしわかまつ
1.8 0.0 Pictogram Railway.pngJR只見線(会津坂下方面)
Pictogram Bus.png会津バス まちなか循環バス鶴ヶ城方面)
|* 福島県
会津若松市
南若松駅
みなみわかまつ
3.0 3.0    
(臨)一ノ堰六地蔵尊駅
いちのせきろくじぞうそん
1.0 4.0 臨時駅(2014年以降開設実績なし、乗降不可)  
門田駅
もんでん
0.9 4.9    
あまや駅
あまや
2.8 7.7    
芦ノ牧温泉駅
あしのまきおんせん
2.8 10.5 Pictogram Bus.png会津バス 芦の牧
大川ダム公園駅
おおかわだむこうえん
5.7 16.2    
芦ノ牧温泉南駅
あしのまきおんせんみなみ
1.5 17.7    
湯野上温泉駅
ゆのかみおんせん
5.0 22.7 Pictogram Bus.png広田タクシー「猿游号」 大内宿 福島県
南会津郡
下郷町
塔のへつり駅
とうのへつり
3.8 26.5    
弥五島駅
やごしま
1.5 28.0    
会津下郷駅
あいづしもごう
3.1 31.1 Pictogram Bus.png会津バス 会津下郷 観光循環バス(運行日注意)
ふるさと公園駅
ふるさとこうえん
1.4 32.5    
養鱒公園駅
ようそんこうえん
2.6 35.1    
会津長野駅
あいづながの
2.2 37.3     福島県
南会津郡
南会津町
田島高校前駅
たじまこうこうまえ
2.2 39.5    
会津田島駅
あいづたじま
2.5 42.0 Pictogram Bus.png会津バス 桧枝岐村方面 Pictogram Bus.png昭和村方面バス Pictogram Bus.png只見駅行ツアーバス(要予約)
中荒井駅
なかあらい
3.8 45.8    
会津荒海駅
あいづあらかい
3.4 49.2    
会津山村道場駅
あいづさんそんどうじょう
0.9 50.1    
七ヶ岳登山口駅
ななつがたけとざんぐち
3.0 53.1    
会津高原尾瀬口駅
あいづこうげんおぜぐち
4.3 57.4 Pictogram Railway.png野岩鉄道会津鬼怒川線
Pictogram Bus.png会津バス桧枝岐村尾瀬御池・沼山峠方面)
野岩鉄道会津鬼怒川線へ直通運転
会津田島駅より南は電化され、東武からの直通電車が運行中。特急リバティ会津号が浅草・北千住から直通運転している
会津田島駅より南は電化され、東武からの直通電車が運行中。特急リバティ会津号が浅草・北千住から直通運転している
  • 本表には、直通運転している只見線・西若松~会津若松間も掲載している。累計営業キロは西若松駅起算。
  • 七日町駅の券売機では会津鉄道への連絡乗車券を発売していないので、西若松駅までの乗車券を購入し、会津鉄道の運賃は下車時に精算となる。
  • 西若松駅には2面3線あるが、会津鉄道の列車は1線のみ利用しており、他2線は只見線専用。

【凡例】

  • 出札:◎=出札窓口・券売機あり、●=出札窓口あり、○=出札窓口あり(一部時間帯のみ)、△=自動券売機あり(現金のみ)、無印=窓口・券売機無し(車内精算)
  • 配線:|=棒線駅(交換不可)、◇=交換可能駅、∨∧=単線と複線以上の境界駅、‖=複線以上の駅

参考