小田急多摩線

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
多摩ニュータウン宅地開発の手が入る前、1981年の黒川地区、現在のはるひ野駅付近。多摩丘陵の里山が残る緑豊かな地域だった

小田急多摩線(おだきゅうたません)は、新百合ヶ丘駅神奈川県川崎市麻生区)から唐木田駅東京都多摩市)までを結ぶ、小田急電鉄鉄道路線。全線複線・電化。

多摩ニュータウン

多摩ニュータウン開発にあわせて、ニュータウン鉄道等整備事業費補助事業により敷設された、小田急では最も新しい路線。また、同事業で開業した最初の鉄道路線となった。 1974年に新百合ヶ丘小田急永山間が開業し、翌年には小田急多摩センターまで延伸。唐木田への延伸は1990年。

新百合ヶ丘駅も本線の開業に伴い設置された新駅で、小田原線の線路を移設して用地を確保し、3面6線の新駅が建設された。 この頃、川崎市内の沿線は多摩区から分区されて麻生区が設置され、新百合ヶ丘駅前に区役所が設けられ、地域の中心地へと変貌した。

一方、東京都側は多摩川沿いののどかな農村だったが、1960年代の高度成長期に入ると、先に開業していた京王線聖蹟桜ヶ丘駅付近で宅地開発が進められて人口が増え、南多摩郡多摩村が町制施行。さらに多摩ニュータウン開発に伴い1971年に市制施行し、多摩市となった。

多摩ニュータウン開発は多摩市の永山駅付近から進められたため、川崎市内はしばらくのどかな里山風景の中を走る路線だったが、次第に宅地開発が進み、現在では沿線はほぼ宅地化されている。

黒川東(あずま)農村広場

とはいえ、黒川駅付近には黒川東(あずま)営農団地黒川農業公園の2つの農業振興地域があり、かつての里山風景を残している。また、唐木田駅から南に10分あまり歩いた唐木田車庫の南側(町田市側)は都立公園「小山田緑地」になっている。

栗平駅稲城市境が近く、この辺りも長らく里山風景が残る地域だったが、近年宅地開発されるようになり、稲城市「iバス」が乗り入れ始めたこともあり、利用者が増え、急行停車駅になった。

見どころ

瓜生黒川海道(街道・往還)緑地保全地区

黒川東営農団地

(stub)

黒川農業公園とセレサモス

(stub)

多摩よこやまの道

(stub)

サンリオピューロランド

(stub)

小山田緑地

(stub)


駅一覧(各駅へのリンク)

  • 正確な情報は、最新の時刻表公式ホームページなどで確認してください。
  • リンクが赤色の駅は、本サイトでは現時点で該当記事がありません(準備中または執筆予定無し)。近隣のリンクが青色・紫色の駅の記事をご覧ください。
駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線・備考 出札 配線 所在地
一部列車は小田急小田原線 新宿まで直通運転
OH23 新百合ヶ丘駅
しんゆりがおか
- 0.0 Pictogram Railway.png小田急小田原線
Pictogram Bus.png小田急バス Pictogram Bus.png川崎市バス Pictogram Bus.png東急バス
神奈川県
川崎市
麻生区
OT01 五月台駅
さつきだい
1.5 1.5  
OT02 栗平駅
くりひら
1.3 2.8 Pictogram Bus.png稲城市「iバス」
OT03 黒川駅
くろかわ
1.3 4.1 Pictogram Bus.png小田急バスPictogram Bus.png神奈中バス「黒川」(徒歩5分ほど)
OT04 はるひ野駅
はるひの
0.8 4.9 Pictogram Bus.png稲城市「iバス」
OT05 小田急永山駅
おだきゅうながやま
1.9 6.8 Pictogram Railway.png京王相模原線京王永山駅
Pictogram Bus.png京王バスPictogram Bus.png神奈中バス「永山駅」
東京都
多摩市
OT06 小田急多摩センター駅
おだきゅうたませんたー
2.3 9.1 Pictogram Railway.png京王相模原線京王多摩センター駅
Pictogram Railway.png多摩モノレール多摩センター駅
Pictogram Bus.png京王バスPictogram Bus.png神奈中バス「多摩センター駅」
OT07 唐木田駅
からきだ
1.5 10.6 Pictogram Bus.png多摩市ミニバス 東西線

【凡例】

  • 出札: ◎=自動券売機・出札窓口あり、PASMO・Suica等対応
  • 配線:|=棒線駅(交換不可)、◇=交換可能駅、∨∧=単線と複線以上の境界駅、‖=複線以上の駅、□=新百合ヶ丘駅は小田原線と合わせて6線、※=小田急多摩センター駅には待避線があるが使われておらず、ホームにも柵が設けられている

参考