弘南鉄道弘南線

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
📅 筆者の最終訪問時期:2019年冬
本稿は、2019年冬、またはそれ以前の情報です。
弘南鉄道弘南線へ訪問の際は、予め公式ホームページなどで最新の情報を確認してください。
元東急7000系電車と、大正生まれの電気機関車。機関車はラッセル車とともに除雪に活躍している
元東急7000系電車と、大正生まれの電気機関車。機関車はラッセル車とともに除雪に活躍している

弘南鉄道(こうなんてつどう)弘南線(こうなんせん)は、弘前駅青森県弘前市)から黒石駅(青森県黒石市)までを結ぶ鉄道路線。全線単線・電化。

見どころ

津軽平野を走り、沿線は米どころ。冬は一面の雪原になる
津軽平野を走り、沿線は米どころ。冬は一面の雪原になる

田園風景と岩木富士

津軽平野のただ中を走り、沿線は田園風景。冬は一面の雪原となる。 晴れると遠く岩木山まで、車窓から見渡すことができる。

ねぷた

ラッセル君(弘南鉄道)、ヤーヤくん(平川ねぷた)、たけっこくん(碇ヶ関のタケノコ)
ラッセル君(弘南鉄道)、ヤーヤくん(平川ねぷた)、たけっこくん(碇ヶ関のタケノコ)

平川ねぷた祭りは毎年8月2・3日に平賀駅前通りで開催され、高さ12mの大きな扇ねぷたは圧巻。祭り以外でも、駅からまっすぐ歩いて5分ほど、市役所の並びのねぷた展示館で展示されている(6月頃から貼り替えのため休館)。

平賀駅前の平川燈籠燈火(だんろんだんほあ)
平賀駅前の平川燈籠燈火(だんろんだんほあ)

冬は平賀駅前の通路で平川燈籠燈火(だんろんだんほあ)~ひらかわイルミネーションプロムナードが行われる。

田んぼアート

田んぼに植える稲の色を変えてキャンバスに見立てる田んぼアートが大々的に展開されている。車内から見えるほか、第2会場の展望台前に田んぼアート駅が設置され、展望台(有料)から見渡せるようになっている。

田んぼアート駅前の第2会場と第1会場(村役場近く)の間には時季になるとシャトルバスが運行される。→田んぼアートご利用案内

こみせ通りと黒石やきそば

黒石駅の待合室に置いてある「黒石まちなかマップ」 左上の赤○を付けた所が黒石駅
黒石駅の待合室に置いてある「黒石まちなかマップ」 左上の赤○を付けた所が黒石駅

黒石駅から郵便局方面に10分も歩くと「中町こみせ(小見世)通り」に出る。途中の入口が少し分かりにくいが、駅待合室の観光案内チラシラックに地図が置いてあるし、駅前バスロータリー脇に観光案内所もある。

「こみせ通り」の木造アーケード
「こみせ通り」の木造アーケード

東西約170m、南北約260m、面積約3.1haの範囲が「黒石市中町伝統的建造物群保存地区」になっているようで、雪国らしい木造アーケード街が見られる。

黒石名物やきそばを出す店などが軒を連ねるとともに、「こみせ駅」や、古い銭湯を保存して集会所に改装した「松の湯」などの休憩施設もある。

電車は朝夕30分毎、昼間は1時間毎。一周するだけなら駅から1時間もあれば足りるが、途中に立ち寄れる施設もあるし、名物黒石やきそばの店や、少し足を伸ばせば温泉銭湯もあるので、時間があればそのぶん楽しめる。積雪期は歩きづらいが、黒石駅から黒石市回遊バス「ぷらっと号」が毎日運行しているので、うまく使うと良い。

黒石市のマンホールのふたに描かれている津軽こけし
黒石市のマンホールのふたに描かれている津軽こけし

津軽系こけしと黒石温泉郷

黒石市は「津軽系こけし」の産地として、伝承工芸館併設の「津軽こけし館」という施設では4000本ものこけしを展示し、絵付け体験も実施されている。駅から遠いが、黒石温泉郷の中にあるので(落合温泉共同浴場から歩いてすぐ)、温泉と一緒に行くことができる。

黒石駅より弘南バス 大川原線ぬる川線で「津軽伝承工芸館」下車。黒石駅からのバスは概ね毎時1本程度あるが、日中に無い時間帯があるので、時刻表を確認してから行こう。

電車とバスの両方に乗れる津軽フリーパス(通年利用可・2日間有効)を使うと、弘前駅から往復するだけでお得になる。または津軽こけし館定額タクシープラン(要予約)もあるようだ。

弘南線を走る電車たち
弘南線を走る電車たち

イベント電車

弘南鉄道は通年にわたり様々なイベントを仕掛けており、ホームページもこまめに更新されているので、出かける前に公式ホームページを見ておくと良い。

温泉

★=駅近温泉場

鉄道むすめ「平賀ひろこ」
鉄道むすめ「平賀ひろこ」

キャラクター展開

ラッセル君

冬になると、昭和初期に製造された元国鉄キ100形ラッセル車と、大正生まれの電気機関車が、現役で除雪を担当している[6][7]

その昔ながらの黒塗りのラッセル車が「ラッセル君」というマスコットキャラクターになって、グッズLINEスタンプなど多方面に活躍中。

鉄道むすめ平賀ひろこ

弘南線の平賀駅と、大鰐線弘高下駅から名づけられた両線のキャラクター。弘南線平賀駅に等身大パネルが設置されており、ヘッドマークやグッズも時々登場する。

また、青森3鉄道(他に津軽鉄道青い森鉄道)や、さらに廃線になった2路線(十和田観光電鉄、南部縦貫鉄道)も絡めたキャンペーンが時々展開されている。

路娘MOTION「白雪つばさ」のヘッドマーク
路娘MOTION「白雪つばさ」のヘッドマーク

路娘MOTION白雪つばさ

ラッセル君」と同じキ100形が、今度は美少女キャラになって登場。弘南線を走る電車1編成のヘッドマークに掲げられている。

田舎館村 いち姫プロジェクト

田舎館村とゆかりのある戦国時代の武将、津軽和徳城主・小山内讃岐の娘「千徳於市」こと市姫が、村おこしキャラクターとして蘇ったみたい。

田んぼアート駅前(または田舎館駅より徒歩8分ほど)の「弥生の里」などでグッズ展開されているようだ。

お得なきっぷ

「大黒様きっぷ」大鰐から黒石まで乗り放題(弘南バスは別途)
「大黒様きっぷ」大鰐から黒石まで乗り放題(弘南バスは別途)
  • 大黒様きっぷ - 鰐から石まで(弘前のバスは別途)、弘南鉄道全線(弘南線・大鰐線)が1日乗り放題で、大人1,000円・小人500円。通年利用可、有人駅で窓口営業時間中に発売。
  • ぶらり電車で日帰り温泉 - 津軽おのえ温泉 日帰り宿 福家の入浴券と弘前または黒石からの往復乗車券がセットで1,000円。館内着や休憩所を利用できる湯治券付きは1,500円。

他の企画券等はお得きっぷ&情報を参照。

このほか、土休日の親子連れは小学生以下の小児運賃が無料になる(子どものみでの乗車と団体は除く)。

駅一覧(各駅へのリンク)

  • 正確な情報は、最新の時刻表公式ホームページなどで確認してください。
  • リンクが赤色の駅は、本サイトでは現時点で該当記事がありません(準備中または執筆予定無し)。近隣のリンクが青色・紫色の駅の記事をご覧ください。
  • 弘南鉄道弘南線では、SuicaなどのICカードは利用できません。乗車前に切符を購入するか、現金での精算が必要になります。
駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線・備考 出札 配線 所在地
弘前駅*
ひろさき
- 0.0 Pictogram Railway.pngJR奥羽本線
Pictogram Bus.png弘南バス
Pictogram Information.pngひろさき公共交通マップ
青森県
弘前市
弘前東高前駅
ひろさきひがしこうまえ
0.9 0.9  
運動公園前駅
うんどうこうえんまえ
1.2 2.1    
新里駅
にさと
1.5 3.6    
館田駅
たちた
1.6 5.2 Pictogram Bus.png平川市循環バス 岩館・大坊線(1日3本、日祝運休)  
平川市
平賀駅
ひらか
2.3 7.5 Pictogram Bus.png平川市循環バス
柏農高校前駅
はくのうこうこうまえ
2.0 9.5 Pictogram Hotspring.png津軽おのえ温泉(徒歩6分)  
津軽尾上駅
つがるおのえ
1.6 11.1 Pictogram Bus.png弘南バス 黒石営業所行(1日3本)
尾上高校前駅
おのえこうこうまえ
1.4 12.5    
田んぼアート駅
たんぼあーと
0.9 13.4 (朝夕と冬季は全列車通過)   南津軽郡
田舎館村
田舎館駅
いなかだて
0.4 13.8    
境松駅
さかいまつ
1.5 15.3     黒石市
黒石駅
くろいし
1.5 16.8 Pictogram Bus.png弘南バス Pictogram Bus.png黒石市「ぷらっと号」

【凡例】

  • 出札: ○=窓口あり、無印=窓口・券売機なし(車内精算)
  • 配線:|=棒線駅(交換不可)、◇=交換可能駅、◆=交換設備休止中、∨∧=単線と複線以上の境界駅、‖=複線以上の駅

参考