滝谷駅

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
只見線
滝谷
たきや Takiya
福島県河沼郡柳津町
郷戸 (2.7km) (1.9km) 会津桧原

地図を読み込み中...

(写真準備中)
管轄 JR東日本 仙台支社
配線 1面1線
有人駅 × 無人駅
出札窓口・券売機 × 車掌扱(現金のみ)
待合室 ○ 冬季暖房無し
路線バス 柳津町民バス"ふれあい号"支所本庁線「中野」(徒歩数分の松葉屋商店前、標柱は無い)
タクシー 会津柳津駅付近から呼出(柳津タクシー 0241-42-2120
シェアサイクル・レンタサイクル ×
トイレ
飲料自動販売機 × 徒歩数分の松葉屋商店にあり
売店 × 徒歩数分で松葉屋商店あり
携帯電話圏内 ドコモ au SB(2019年11月)
滝谷駅


滝谷駅(たきやえき)は、福島県河沼郡柳津町にある、JR只見線

かつては島式ホーム1面2線だったようだが、今は片方のみが使われている。もう片方も部分的にレールが残っているが、使われている様子はない。

小さな待合室と、その並びに公衆トイレが設置されている。 昔は木造駅舎があり、交換設備があった頃には有人駅でタブレット授受が行われていたようだが、当駅の交換設備は特殊自動閉塞化(2012年)よりも前に廃止されている。

駅周辺

当駅は柳津町の中野集落の中にある。

中野集落は斜面にあって、駅東側の坂を登るとすぐ集落に出る。中央に松葉屋商店があり、柳津町民バスの乗降所になっている。

松葉屋商店の少し南側の道路沿いには湧水「中野の岩清水」があり、誰でも汲めるようになっている。

駅の西側は滝谷川だが、森になっていて川まで見通せない。滝谷川にかかる橋は只見線のビューポイントのひとつになっている。当駅から南へ歩いて5分ほど。

只見線は隣の会津桧原駅まで1.9kmだが、列車は滝谷川の深い渓谷を橋で越え、原谷トンネルを抜けて短絡している。歩いて行くと滝谷集落へ迂回して4kmあまり、高低差もあるので(下って登ってまた下る)、1時間半は見ておくと良い。詳しくは会津桧原駅を参照。

滝谷

駅名の滝谷集落は三島町で、当駅から南へ道なりに1.7kmほど離れている(歩くと20分ほど)。 滝谷川に沿って上流方面へ歩くようになるが、中野集落は高い所にあって、滝谷集落は川べりの低い所にあるため、道路は当駅から滝谷集落に向かって下る形になる。

当駅と滝谷集落の間にある下舘山周辺には多くの風穴があって、通年5~6℃の風が吹き出しているという。この風を天然の冷蔵庫として使っていたようで、今でも道端に貯蔵庫が設置されていて、風穴の涼しさを体験できる場所もある。普段は施錠されていて入ることはできないが、風の吹き出し口が少し開けてあって、夏に訪れると涼しさを体感できる。

当駅前を通って西山温泉へ向かう柳津町民バスが滝谷集落を通るものの、乗降はできない。滝谷地区へ行く場合は、当駅から歩くか、会津宮下駅から三島町営バス・デマンドバス滝谷線を利用する。

西山温泉

奈良時代開湯の歴史と、豊富な湯量で知られる西山温泉が山の中に湧いている。 当駅が最寄りだが、6km以上離れており、柳津町民バスが結んでいる。しかしバスは列車との接続が考慮されておらず、当駅で乗り換えると延々と待つことになり、時間を潰せる場所も限られるため、会津柳津駅から町民バスまちなか線に乗って「ふれあい館」で乗り換えて行く方が良いかも。

西山温泉には温泉旅館が数軒立地しているほか、町営の日帰り温泉施設「せいざん荘」がある。柳津町民バス支所本庁線の「五畳敷」バス停が最寄り。

町民バスの終点「砂子原」(西山小学校前)から、せいざん荘行きのバスもあるが、1日2本しかない(火~金のみ、祝日運休)。手前の「五畳敷」で降りて歩く方が早い(急坂だが徒歩15分ほど)。


参考リンク