由利高原鉄道鳥海山ろく線

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
📅 筆者の最終訪問時期:2019年夏
本稿は、2019年夏、またはそれ以前の情報です。
由利高原鉄道へ訪問の際は、予め公式ホームページなどで最新の情報を確認してください。

由利高原鉄道(ゆりこうげんてつどう)鳥海山ろく線(ちょうかいさんろくせん)は、羽後本荘駅秋田県由利本荘市)から矢島駅(同)までを結ぶ鉄道路線。全線単線・非電化。

かつての横荘鉄道が開業した路線で、国鉄に引き継がれて矢島線(やしません)となっていたが、赤字を理由に廃止され、第三セクターにより引き継がれた。日中も1時間~1時間半程度の間隔で走っており、全列車が全区間(羽後本荘~矢島)を走る。

見どころ

鳥海山

鳥海山山麓には観光地が点在している。

6月頃には、矢島駅から桑ノ木台湿原行きシャトルバス(季節運行、土日のみ1往復)が運行される。

他の時期は、矢島駅から高原の駅「花立クリーンハイツ」まで乗合タクシーあり(要確認)。5月には「菜の花まつり」が開催される。

由利本荘市コミュニティバス(鳥海地域)へ乗り継ぐには、矢島駅から羽後交通バス 菜らんど行で終点下車。

法体の滝へは由利本荘市コミュニティバス 中直根線に乗り継いで「下百宅」下車、歩いて1時間ほど。

猿倉温泉へは由利本荘市コミュニティバス 猿倉線(平日のみ)に乗り継いで「鳥海荘」下車。

温泉

お得なきっぷ

  • きらきら日本海パス - 由利高原鉄道の全線に、羽越本線の羽後本荘~坂町間、陸羽西線の余目~古口間、米坂線の坂町~越後下関間、および一部バス路線が2日間乗り放題で、大人2,610円、小人950円。フリーエリア内および新潟駅・新発田駅のみどりの窓口・指定席券売機で発売。

駅一覧(各駅へのリンク)

  • 正確な情報は、最新の時刻表公式ホームページなどで確認してください。
  • リンクが赤色の駅は、本サイトでは現時点で該当記事がありません(準備中または執筆予定無し)。近隣のリンクが青色・紫色の駅の記事をご覧ください。
  • 由利高原鉄道鳥海山ろく線では、SuicaなどのICカードは利用できません。乗車前に切符を購入するか、現金での精算が必要になります。
駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線・備考 出札 配線 所在地
羽後本荘駅
うごほんじょう
- 0.0 Pictogram Railway.pngJR羽越本線
Pictogram Bus.png羽後交通
Pictogram Bus.png由利本荘市循環バス(毎日運行)
Pictogram Bus.png由利本荘市コミュニティバス(本荘地域)子吉線(火金のみ1日2便)
秋田県
由利本荘市
薬師堂駅
やくしどう
2.2 2.2 Pictogram Bus.png由利本荘市循環バス「千刈」(徒歩10分)
Pictogram Bus.png由利本荘市コミュニティバス(本荘地域)子吉線(火金のみ1日2便)「子吉小入口」
 
子吉駅
こよし
2.3 4.5 簡易郵便局併設  
鮎川駅
あゆかわ
2.9 7.4    
黒沢駅
くろさわ
2.1 9.5    
曲沢駅
まがりさわ
0.8 10.3    
前郷駅
まえごう
1.4 11.7 Pictogram Bus.png羽後交通 本荘駅前経由本荘営業所行、矢島駅前経由菜らんど
久保田駅
くぼた
1.9 13.6    
西滝沢駅
にしたきさわ
2.1 15.7    
吉沢駅
よしざわ
1.4 17.1    
川辺駅
かわべ
3.0 20.1    
矢島駅
やしま
2.9 23.0 (旅行センター併設、JR券取扱)
Pictogram Bus.png羽後交通 本荘・伏見線 菜らんど行(終点で由利本荘市コミュニティバス鳥海地域各路線に乗継可)
Pictogram Bus.png由利本荘市コミュニティバス(本荘地域)桃野線(月木のみ1日1便)

【凡例】

  • 出札: ○=窓口あり、無印=窓口・券売機なし(車内精算)
  • 配線:|=棒線駅(交換不可)、◇=交換可能駅、∨∧=単線と複線以上の境界駅、‖=複線以上の駅、*=ホームは1面1線だが待避線あり

参考