郷戸駅

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
只見線
郷戸
ごうど Gōdo
福島県河沼郡柳津町
会津柳津 (3.6km) (2.7km) 滝谷

地図を読み込み中...

(写真準備中)
管轄 JR東日本 仙台支社
配線 1面1線
有人駅 × 無人駅
出札窓口・券売機 × 車掌扱(現金のみ)
待合室 ○ 冬季暖房無し
路線バス 柳津町民バス"ふれあい号"支所本庁線・麻生線「出倉」(平日のみ、徒歩5分ほどの国道沿い、標柱は無い)
タクシー 会津柳津駅付近から呼出(柳津観光タクシー 0241-42-2101、柳津タクシー 0241-42-2120
シェアサイクル・レンタサイクル ×
トイレ ×
飲料自動販売機 ×
売店 ×
携帯電話圏内 ドコモ au SB PHS(2019年11月)
郷戸駅


郷戸駅(ごうどえき)は、福島県河沼郡柳津町にある、JR只見線

春には桜が彩りを添える。駅には簡易な待合室が設置されているのみで、付近に人影なし。 田んぼで見通しが良いので、熊は出ないと思うけれど…

「郷戸」という駅名だが、当駅はぎりぎり大字柳津の範囲で、大字郷戸は当駅よりも南側と東側の地域になる。郷戸入口という感じだろうか。しかし当駅東側の郷戸地域へまっすぐ行く道があっても良さそうなものだけれど…昔はあったのかな? (ちなみに隣の滝谷駅は大字郷戸。)

駅周辺

この駅は行くにも出るにも分かりにくい。

駅前には見渡す限り田んぼと森しかないが、田んぼの先の一段低い所に出倉いずくら集落がある。徒歩5分ほど。

小さな出倉集落を通り抜け、急坂を降りると、只見川柳津発電所に出る。

この出倉集落から駅に向かう場合も、国道の横断歩道を渡った先の坂道を登ってゆくと近道なのだが、駅入口に看板などが何も無く、田んぼの中を歩くことになるから、とにかく不安になる(苦笑)。

うまく時間が合えば柳津町民バスも利用できる。乗り場は「出倉」。バス停となっているが、標柱も待合所も現存しない(苦笑)。

昔は西山温泉(の先の大成沢おおなりさわ)まで行っていた会津バスのバス停(待合室付き、トイレもあったらしい)が、国道沿いの横断歩道前(駅に向かう坂の入口)にあったが、だいぶ前に廃止されており、待合所はその後もしばらく残っていたのだろうが、現存しない。いつの間にか撤去されたのだろう。しかしその名残で、今も地元の人しか知らない「バス停」が存在することになっているようだ…

ちなみに町民バス麻生線(麻生・藤線)も出倉を通るが、列車との接続は絶望的に悪い(苦笑)。会津柳津駅から町民バス「まちなか線」経由で利用する方が良さそうだ。

駅裏は森(崖)だが、その上には田んぼが広がる平地があり、石生いしうなど複数の集落があるものの、駅からまっすぐ抜ける道はなく、大回りになる。隣の会津柳津駅から柳津町民バスまちなか線乗継・軽井沢かるいざわ線(平日のみ)を利用する方が良い。

柳津町役場は当駅と隣の会津柳津駅の中間くらいにあり、当駅から歩いても15分ほど。役場まで行けば、会津柳津駅まで歩いても15~20分ほどで、途中に観光関連施設も多い。また会津坂下町(坂下営業所)行きの会津バス柳津ふれあい館)も利用できる。

当駅付近で散策等するなら、当駅で列車を待つよりも、町中まで歩いて出る方が良いかも。 ただし途中の道路はクルマの多い不快な国道なので、元々町中へ訪れる目的ならば、隣の会津柳津駅から歩く方が良い。

なお、北側の国道の駅入口の看板には「会津郷戸駅」と書かれているが、当駅名に「会津」は付かない。

参考リンク