TrackR

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
TrackR Bravoから転送)
移動先: 案内検索
TrackR Pixel
TrackR pixel packages.jpg
1個入りパッケージ(後期の簡易版)
メーカー TrackR
発売日 2017年10月 4日
検索基盤 独自(要専用アプリ)
サイズ 縦26.2×横26.2×厚さ5.6 mm / 重さ 5 g
電池交換  (CR2016)
Bluetooth 4.0+BLE
GNSS(GPS等) ×
防水 ×
ボタン
ブザー
LED
対応OS Android
iOS・iPadOS
本体色
参考市価 2,980円(税込)
TrackR (英語)

TrackR(トラッカール)は、米国TrackR社が開発・発売している忘れ物防止タグ(スマートタグ)。

米国では2010年より製品展開している老舗。日本では2016年10月に携帯電話代理店業ベルパークの子会社ビーラボが輸入代理店となって、前機種「TrackR Bravo」(トラッカール ブラボー)が発売された。

現行製品は2017年 8月に発売された「TrackR Pixel」(トラッカール ピクセル)で、日本では同年10月に発売。通販や家電量販店などで販売されていた。

しかし日本では当時すでに MAMORIO(マモリオ)が先行していたし、本場の米国でも Tile(タイル)の猛追を受けてシェアは低迷していたようだ。

さらに2021年 4月にはあのAppleAirTag(エアタグ)を新規投入し、忘れ物防止タグ市場の拡大が見込まれるが、老舗のTrackRは中古店などで処分品が出回っているほかは販売店がなくなり、このまま終息に向かうのだろうか。

筆者は2019年前半に未使用品を1個800円ほどで購入したが、2021年 5月現在、じゃんぱらなどで未使用処分品が1個あたり数百円~で叩き売られている。商品は使える(初期不良ならば交換してもらえる)と思うが、付属の電池は消耗しているので、#電池交換してから使おう。

本機の利用にはスマートフォンの専用アプリ(Android版iOS・iPadOS版)が必要。Bluetooth通信を使ってスマートフォンにつながることで機能する。

TrackR Pixel

全8色
TrackR Pixel 付属品(後期の簡易パッケージ版、500円玉は大きさ比較用)
TrackR PixelApple AirTag
MAMORIO RETile Mate 大きさ比較
TrackR PixelApple AirTag
MAMORIO RETile Mate 厚さ比較
TrackR Pixel の下には500円玉を重ねている。TrackR Pixel は小さく・薄く、ストラップも付いている

500円玉サイズで小型軽量。ストラップも標準添付で、取り付けやすい。両面テープも付属しており、貼り付けて使うこともできる。ただし防水でも防滴でもないので、雨が掛かる場所で使うのは非推奨。

Apple AirTag の半分くらいの厚さ・重さで小型軽量。しかもストラップが付いているので、様々な物に取り付けやすい。見た目は安っぽいが、使いやすさでは群を抜いている。

また、本機はじゃんぱらなどで新古品が1個あたり数百円~で叩き売られているので(2021年 5月現在)、鍵や折り畳み傘、イヤホンケースなどの小物に付けて、鳴らして探したい人には良いと思う。

ただしTrackRは電波があまり飛ばないので、距離重視なら Tile の方が良いかも。

電車などに置き忘れが多い人は MAMORIO の方が良いかも。

自転車などの盗難対策や、ネットワークで探す機能に期待している人には AirTag を推奨。

本機は音が鳴るとともに光る

音を鳴らして探す

スマートフォンの専用アプリを操作すると、本機の音を鳴らすことができる。 小さな物をどこに仕舞ったか忘れた場合、音を鳴らすことで、音を頼りに探し物ができる。

本機にはLEDも搭載されていて、光と音で知らせてくれる。とはいえ探し物が見える場所にあることは少ないだろうから、光ってもあまり意味はなく、音が鳴れば十分かもしれない。夜にカバンの中を探すときや、夜道に落とした場合などには役に立つかも?

ちなみに音を止めて光るだけにすることはできないのが残念。けっこう大きく耳障りな音(最大90dB)が鳴るので、相部屋の山小屋などでうっかり鳴らないよう注意したい。

また、本機のボタンを押すと、Bluetoothで接続中のスマートフォンの音を鳴らすことができるので、逆に本機を使ってスマートフォンを探すことができる。 ただし、アプリが常時起動していない/強制終了された場合など、探せないこともある。

いずれも、Bluetoothの電波が届く範囲で使える。 見通しで最長約30m、実用上はもう少し短い。

セーフゾーン

指定した Wi-Fi に接続中は鳴らさない設定ができる。家に置いてあるときは鳴らしたくないといった場合に便利。

複数人で共有できる

1つの TrackR Pixel を複数人で共有できる(複数のアカウントに登録できる)ので、家族などで共有している物に使うこともできる。

ネットワークで探す

TrackRアプリをインストールすると、スマートフォンが常に位置情報とBluetoothを探索し、本機の位置を定期的に送信するようになる。

本機(を付けた物)を失くしたときに、最後に位置登録された場所の地図を見られるので、そこまで戻って本機を探すことができる。

また、もし他にTrackRを使っている人が近くにいれば、その人のスマートフォンを通じて位置登録されるので、地図表示が更新される。同社ではこれを「クラウドロケート」 (Crowd Locate) と呼んでいる。

このように一見便利な機能だが、TrackRアプリが頻繁に位置情報とBluetoothを探索するようになるので、スマートフォンの電池消費量が増える欠点がある。

また、TrackRを使っている人は少ないので、他の人のスマートフォンアプリで検知される可能性は極めて低い。筆者が使っている範囲では、TrackR が他の人に捕捉された試しは無いし、そもそも「アイテムの移動履歴」を開いても何も出てこない(今はもうサーバが機能していない?)。

もっとも、TrackRよりも使っている人の多い MAMORIOTile ですら、あまり検出されないので、推して知るべしだろう(^^;。「クラウドロケート」 (Crowd Locate) 的な機能が必要な用途には AirTag 一択だと思う。

置き忘れ防止

指定したTrackRと離れる(最長約30m)と、スマートフォンに通知が届く機能。スマートフォンは忘れないが、カバンなどの物をよく置き忘れるという人には便利かも?

Tileでは別料金のオプション機能だが、TrackRでは標準機能で、追加料金は不要

ただし、スマートフォンの位置情報はずれること(いわゆる位置飛び)や、追従が遅れることが少なからずあるし、省電力のためにTrackRアプリが強制終了されることもあったりして、うまく機能しないこともあると思う。期待した通りに動作するかは、利用環境にもよるので、実際に試してみるしかないと思う。

電車の忘れ物対策

国内で先行するMAMORIOは2018年より首都圏など大都市の鉄道各社の遺失物取扱所に「MAMORIO Spot」を順次設置しており、これが強みになっている。

TrackRにはそうした取り組みが全く無いし、「クラウドロケート」にも期待できないので、Androidユーザーならば MAMORIO を、iPhoneユーザーならば AirTag を使う方が良いと思う。

電池交換

交換用電池は百円ショップなどで買える

TrackR Pixel は、電池交換して使い続けることができる。 使われている電池は市販のCR2016リチウムコイン電池で、家電店やスーパー・コンビニ、百円ショップなどで購入できる。

TrackR Bravo の電池交換は後述

本体、新品電池と粘着テープを用意しよう(500円玉は大きさ比較用)

裏蓋は爪で引っかかっているだけなので、回せば外れるのだが、小さくて取っ掛かりが無いため、なかなか回らない(^^;。養生テープなどの粘着テープを裏面に貼ってから本体を回してやると外れやすい。

付属の電池は消耗していることがあるので、市販の新品電池も一緒に買ってきて、交換してから使う方が良いと思う

本機出荷時に搭載されている電池は通電状態で流通しているので、添付(組込済)の電池は購入時点で消耗していることが多い(^^;。

TrackRは電池が消耗するとメーカーから送ってくるサービスをしていて、日本でも申し込める(申し込みはアプリから行う)ようだが、送料がかかるので割に合わない。百円ショップや家電量販店などに買いに行く方が早くてお得。

本機を購入してうまく動かない場合は、付属の電池を外してみて、バッテリーテスターなどで測ってみよう。新品の電池は3.4V以上ある。3.2Vくらいあれば、まだ使えるので、早めに交換しても良いし、もったいないと思えばもう少し使っても良い。3V近くならすぐに交換しよう。

ボタン電池と違って、リチウムコイン電池(CRxxxx)は水銀を含んでいないため、店頭回収の対象外。使用済み電池の処理方法は自治体により異なるが、一般に使用済み乾電池と同様。

TrackR Bravo

TrackR pixel、TrackR bravo
1個入り簡易パッケージ
キーホルダーとして使う際のリングと、貼り付けるときに使う両面テープが付属する

2014年クラウドファンディングで発表(販売)された製品で、2015年に発売された初代と、2016年発売の第2世代(後期モデル)がある。

外装が金属製(アルミ合金と思われる)で、外装の一部にストラップ穴があり、キーホルダーとしても使いやすい形状になっている。TrackR Pixel よりも大きいが高級感がある。機能は同じ。

後期モデルは本体表面に小さなブザーの穴が追加された。これにより初代よりも音が大きくなったようだ。

大きさは直径約34mm、厚さ約3.5mm。500円玉よりも一回り大きい。Pixelが500円玉サイズなので、Pixelよりも若干大きい。電波到達範囲は最大30m。

キーホルダーとして使う際のリングと、貼り付けて使う際の両面テープが付属する。ただし防水・防塵性能は無いので、雨に濡れる物に貼るのは非推奨。

日本では初代は発売されておらず、2016年10月末に後期モデルが発売されたのが初。翌2017年には後継機のPixelが発売になった。

TrackR Bravo はほぼ流通在庫が枯渇しているし、機能は同じなので、これから買うなら TrackR Pixel が良いだろう。

交換用電池はCR1620(日本で発売された後期モデルの場合)

電池交換 (Bravo)

電池交換可能で、後期モデルにはCR1620を使う(初代モデルにはさらに薄型のCR1616が使われていたようだ)。

電池は家電店や百円ショップなどで購入できる。百円ショップでは1個110円で販売しており、Pixelで使われているCR2016電池の倍の価格になる(^^;。この電池はサイコンや電子工具などでも使われているようだが、他の電池に比べると需要が少ないのだろう、在庫していない店もあるようだ。

電池ケースはスライドして開く形になっており、簡単に電池交換できる。後発なのに設計の悪いMAMORIOと違い、ハードウェアの完成度は高いと感じる。

Pixelと同様、流通在庫品は電池が消耗していることが多いので、もしこれから購入するなら、新品電池も一緒に買って、交換してから使おう。

参考リンク

関連記事