Apple AirTag

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
AirTag
AppleAirTag size.jpg
500円玉より少し大きい(厚さは4倍)
メーカー Apple
発売日 2021年 4月30日
検索基盤 iOSiPadOS
サイズ 縦31.9×横31.9×厚さ8.0 mm / 重さ 11 g
電池交換  (CR2032)
Bluetooth
GNSS(GPS等) ×
NFC
防水 IP67
ボタン ×
ブザー
対応OS iOS・iPadOS 14.5以降
本体色 □ホワイト
参考市価 3,800円(税込)
Apple AirTag

AirTag(エアタグ)は、米国Apple社が開発・発売している忘れ物防止タグ(スマートタグ)。

スマートタグ市場で先行する Tile(タイル)や MAMORIO(マモリオ)と競合する商品。Appleは後発ながら、iPhone・iPad の基盤をフル活用することで、ネットワーク効果が物を言う探し物市場において一挙主役に躍り出る勢いだ。

Tile Mate、MAMORIO RE、AirTag

概要

AirTagの利用には iPhone または iPad が必要Android機種では使えない

2021年 4月30日の発売時点で、製品ラインアップは1機種のみ、色は白のみ。

1個入りが3,800円、4個入りが12,800円。なかなか高価だが、電池交換して長く使えるし、後述の#ネットワークで探す効果は優秀なので、失くし物を探す機能を重視している人・用途には、他社製品よりも良いと思う。

Apple Store(直販)および家電量販店(店頭および通販)などで購入できる。直販価格。家電量販店でも同じ価格で販売しているが、主な家電量販店では5%ポイント還元している(通常のApple製品と同率)ぶんお得だ。

一方、Apple Store(直販)ではポイントは付かないが、本体に任意の文字(4文字まで、一部の絵文字も入れられる)をレーザー刻印するサービスを実施している。例えばペットの名前などを刻印するといった使い方に良さそうだ。

発売から1ヶ月近く経つ5月下旬においても品薄状態が続いているが、順次入荷しているようで、筆者もビックカメラに注文してしばらく待っていたら、忘れた頃に届いた(笑)。焦らず気長に待とう。

ちなみに1つの Apple ID に登録できる AirTag は16個までだとか。まあそんなに使わないよね(^^;

基本機能

iPhone・iPadの「探す」アプリを使う

AirTag には専用アプリは不要。iOS 14.5 以降、iPadOS 14.5 以降のOSが標準対応している。

AirTagの登録・削除や、探す時には、iPhone・iPadを探すときに使う、OS標準搭載の「探す」アプリを使う。

ちなみに iPhone・iPad はWebブラウザから探すこともできるが、AirTag はiPhone・iPadの「探す」アプリにしか表示されない(パソコン等から探すことはできない)。

音を鳴らして探す

iPhone・iPad を操作して、AirTagで音を鳴らすことができる。

小さな物をどこに仕舞ったか忘れた場合、音を鳴らすことで、音を頼りに探し物ができる。

一方、AirTagからスマートフォンを鳴らすことはできない。もっとも iPhone・iPad を探すときは「iPhoneを探す」を使えばいいので、あえて付けなかったのだろう。

方向と距離で探す

iPhone 11iPhone 12シリーズ(UWB搭載機種)では、AirTagがある方向と距離を表示する機能が使える。距離はcm単位で表示される。

筆者はあまり必要性を感じない(音が鳴れば十分だと思う)ものの、面白い機能だと思う。

ちなみにこの機能は無線を使うため、国によって使えないことがある(日本では使える)。

ネットワークで探す

AirTagを入れた自転車で街中を走ると、通りすがりの人のiPhoneに、概ね数分~10分ほど毎に位置取得された

これが AirTag の最大の特長で、MAMORIOTileなどの他社製品との比較で最も際立っている。

使い方は簡単で、特殊なアプリは不要。OS標準の「探す」(FindMy) アプリを起動し、「持ち物を探す」をタップすると、登録しているAirTag(に付けた名前)が出てくるので選べば、最近検知された位置と時間(○分前など)が地図上に表示される(右図)。

実際に使い比べてみると、Tileなど他社従来製品との圧倒的な差が実感される。 なるほど、ストーカー対策が懸念されるほどの高性能だ。

世の中に溢れている iOS・iPadOS が標準対応していて、常にBluetoothの電波を拾ってはAppleのサーバに登録しているので、このネットワークを使って AirTag を探すことができる。 つまり、iPhone・iPadユーザーは意識せずに他人の探し物に協力しているわけだ(^^;。

MAMORIOやTileアプリを使っている人数は未公表だが、10億台と言われるiPhoneとは圧倒的な差があるだろう。ネットワーク効果が物を言う探し物機能においては、圧倒的な検知率の差につながる。

一方、MAMORIOやTileなどと同様、iPhone・iPadの電池消費が増えることになるが、Bluetoothは規定でONだし、OSが管理していて個別のアプリが動作するわけではなく、無効にもできないので、あまり気にする人がいないのだろう。

iPhone・iPadのBluetoothをOFFにすると位置取得しなくなる。でも今はワイヤレスイヤホンやスマートウォッチなどを使っている人も多いだろうし、COCOAもBluetoothを使うので、ONにしている人が多いのかも?

MAMORIOが先行する電車の忘れ物対策は、AirTagでは実施されていない。でも郵便物ですら追跡できたそうだし、日本ではiOSのシェアが65%を占めるので、遺失物取扱所の担当職員が個人的にiPhoneを持っていれば、それが「MAMORIO Spot」の替わりになりそうだ(苦笑)。

Tile社はAppleの強い立場を独占使用していることを「不正競争」だと非難しているが、日本や米国などの一部の国に限れば、それほどチート級のネットワーク効果だということだ。

世界でのモバイルOSのシェアは Android:iOS で 7:3 くらいのようだが、それでもTileアプリに比べれば実稼働数ははるかに多そうに思う。もっとも、忘れ物防止タグがたくさん売れる国は限られるだろうし、そういう国ほどiPhoneのシェアが高いかもしれないね。

使い方と注意

「探す」アプリを起動→「持ち物を探す」をタップ→「+ 新しい持ち物を追加」をタップすると、AirTagを探し始める

準備

  • iOS・iPadOS のバージョンが14.5未満の場合は、アップデートする
  • インターネットに接続できるよう、モバイルネットワークまたはWi-Fiを有効にする
  • Apple ID の2ファクタ認証二要素認証)を有効にしておく
  • 「探す」の位置情報の利用を許可する(無効にしている場合)

接続

iPad mini でアクティベート
  1. iPhone・iPad の BluetoothをONにする
  2. AirTagの保護フィルムを剥がして引き抜く
  3. AirTagをiPhone・iPadのすぐ隣に置くと、自動で認識される(右図)。
    ただし2回目以降の接続時は自動で認識されないので、「探す」アプリを起動→「持ち物を探す」をタップ→「+ 新しい持ち物を追加」をタップ。
  4. AirTagがクルクル回る画面(右図)が出てくるので、「接続」をタップ
  5. AirTagの名称を設定。リストから選べるので、近い物を選ぶと良い。後から変更できるので気軽にどうぞ。
  6. 「このAirTagをApple IDに登録」登録する Apple ID が表示されるので、確認して「続ける」をタップ
電池の絶縁フィルムを兼ねているので、切ったり破いたりしないように剥がそう。破いてしまい引き抜けなくなった場合は、#電池交換の要領でフタを外してフィルムの欠片を取り出す。

磁気カードや切符と一緒にしない

AirTagの磁石で磁気不良にならないよう、磁気カードや企画券・回数券などの切符と一緒にしない方が良さそう

AirTagには磁石が入っており(スピーカー用だそうだ)、金属製の机やパソコン筐体などにくっつく。鉛直面に固定できるほど強力ではないが(一応吸い付くが少しの振動で落ちる)、キャッシュカードやクレジットカードなどの磁気カード、通帳、切符などと一緒にすると磁気破損の原因になるので、カバンや財布に入れる時は気をつけたい。

AirTagを分解してカード状に加工している人がいたが、カード入れには入れない方がいいように思う。小銭入れならまだしも…

Suica・PASMOなどのICカード全盛の時代ではあるが、回数券や株主優待券などの切符は財布に入れて持ち歩いている人が多いと思うので気をつけよう。

使わないときは削除する

AirTagは3日8~24時間ほど接続が切れると音が鳴りだすので、一時的に使わないときや、出張・旅行時などは、電池を抜いておくか、一旦削除しておこう。#AirTagを削除する

AirTag自体が動いていなければ音は鳴らないようだが、詳しいことは公表されていない。

再び使うときは#接続すればまた使えるようになる。

「AirTagに接続できません」

トラブルシューティング

電池残量は「探す」アプリで見られる
接続中に「AirTagに接続できません」と表示される
AirTagが遠い→AirTagをiPhone・iPadのすぐ隣に置く
電子レンジやテレビなどのノイズ干渉→強い電波を出す機器を止める
電池切れ間近→#電池交換
AirTagから音が鳴っている
持ち主のiPhone・iPadと接続できずに8~24時間ほど経つと、防犯上、音が鳴る仕掛けになっているので、iPhone・iPadのBluetoothをONにして接続してみる。
また、しばらく留守にするときや、一時的に使わない時は、一旦AirTagを削除しておこう。
他の人のiPhone・iPadに捕捉されにくくなった
「探す」アプリで該当のAirTagを開いてみて(右図)、電池ピクトが残り少なくなっていたら、#電池交換してみよう。
AirTagをもらったけれど、使って大丈夫?
自身のiPhone・iPadと接続できた場合は、使ってOK。
AirTagは Apple ID と1:1でしか接続できない仕組みになっているので、他のIDと接続されている状態では自分のIDと接続できないし、TrackRMAMORIOなどと違ってAirTagにはシェア機能もない。自分のiPhone・iPadと接続したAirTagは、他の人からは追跡できない(Appleにも追跡できないらしい)。
AirTagを拾った
屋外で拾ったら近くの交番に、施設内で拾ったら施設管理者に届けよう。
NFCで持ち主の連絡先を見る機能もあるが、余計なトラブルに巻き込まれないためにも、一般の落とし物と同様に処理を任せるのが良いと思う。
身に覚えのないAirTagが、手荷物に紛れ込んでいた
持ち物追跡タグでストーカー被害に遭ったらどうする?使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識(文藝春秋)

Androidでは使えないが…

初代 iPhone SE でも使える(要OSアップデート)。中古で1万円前後で買えるので、iPadもiPhoneも無くてAirTagを使いたい人は一緒にどうぞ:)

ところで、AirTagはiPhone・iPadが無いと使えない。 つまりAndroidユーザーは探せない。

でも、筆者は主にAndroidユーザーだが、AirTagは使っている

普段Androidを愛用していても、1台くらいiPhone・iPadが眠っているという人もいるのではなかろうか。

iPhone・iPadが1つでもあればAirTagを登録できるので、筆者は自宅で眠っていることが多いiPadでAirTagを登録・管理している。すると出先で「探す」ことはできないのだが、筆者の場合は自転車に付けているので、自転車に乗る時だけiPhoneかiPadを持って出ればよく、普段はあまり問題にならないわけだ。

試しに自分のiPhone・iPadのBluetoothをOFFにして、自宅に置きっぱなしの自転車を探してみたら、数分毎に位置検出されていた。また、街中を走ってみると、やはり時々捕捉されていた。近所の人や通りすがりの人のiPhoneが位置を拾っているのだろう。そのため位置は数十メートルずれることもあるが、なかなか優秀だ。 (Tile Pro も付けているが、こちらはほとんど検知されないからね…)

ただし、AirTagは持ち主から3日8~24時間離れると音が鳴るそうなので、旅行などで留守にするときは気をつけたい。(iPadも置いていけば問題ないけれど)

AirTagはその形状と重さから、キーホルダーとしては使いにくいし、失くして探すことをあまり想定していないこともあり、鍵には今まで通り Tile Mate を使っている。 筆者は物を置き忘れることはあまり無いのだが、どこへ入れたか忘れることがあるので(^^;、音を鳴らして探す機能は重宝している。

でも筆者は音が鳴れば大抵わかるので、方向と距離までは要らないと思う。 もちろん、聴覚障碍など状況によっては有意義だろうから、人それぞれだろう。

一方、置き忘れが多い人には、AirTagには置き忘れ通知機能は無いので、MAMORIOが便利ではなかろうか。

ひとくちに忘れ物防止タグと言っても、人によって使い方は変わると思うので、適材適所で使うのが良いと思う。

AirTagは万能ではないし、重くて形も使いづらいので、従来通りTileやMAMORIOの役割はあると思うが、少なくとも#ネットワークで探す点では、他社はAirTagには敵わないと思う。

ちなみにiPhone・iPadを持っていないがAirTagを使いたい人は、イヤホン端子があってコンパクトな初代 iPhone SE を中古店で1万円前後で購入できる(新品でないと嫌な人は iPod Touch (第7世代) が最安)。 AirTagの追跡性能は今のところ唯一無二なので、自転車の追跡などで AirTag を使いたい人は、安価な旧世代iPhone(iOS 14.5 以降に対応しているもの)を1つ持っておいても良いだろう。

ちなみに、Appleがストーカー対策でAndroid版アプリを出すという噂があるようだが、仮にこれを入れたところでスマートフォンの電池を削って他の人のAirTagの検出に協力するだけで、AndroidでAirTagが使えるわけではないようだ。そんな無駄な物を入れる人がいるとは思えないが、期待しない方がよさそう。

電池交換

電池残量は「探す」アプリのピクトで見られる。電池切れ間近になると電池交換を促される

AirTag は、電池交換して使い続けることができる。電池寿命は約1年と謳われている。

電池残量は「探す」アプリで見られる。 電池切れ間近になると「探す」アプリで電池交換が促される(右図)とともに、iPhone・iPadに通知される

「バッテリー残量低下」をタップすると、電池交換方法が図解されるので、この通りに交換すれば良いが、交換用の電池は用意しておこう。

交換用電池は百円ショップなどで普通に買える

使う電池は市販のCR2032型リチウムコイン電池が1個。

家電店やスーパー・コンビニ、百円ショップなどで購入できる。百均だと2個入りで110円。歩数計やサイコン、パソコン(CMOSバックアップ用)などでも使われている、とても一般的なリチウムコイン電池なので、大抵どこでも買える。

金属製の林檎マーク入り電池フタを反時計回りに回すと開く

AirTagの林檎マークが刻印されている金属カバーが電池蓋になっていて、反時計回りに回すと外れる。古い電池を取り出し、新しい電池を向きに注意して(の刻印がある面が)挟み込み、爪の位置を合わせてフタを嵌め、少し押さえるようにして逆方向(時計回り)に回して閉めればOK。

フタを閉めるときに少し手間取るかもしれないが、他社製品と違ってAirTagはしっかりした造りで、繰り返し電池交換しながら長く使えそうだ。

ちなみに、電池交換でフタを閉める際に電池が押されてピロピロピロ…と小さな音が鳴るが、面白がって何度も押していると初期化されてしまうので程々に:)。

もし初期化されてしまったら、iPhone・iPadの「探す」アプリを開いて一旦強制削除してから改めて接続する。

使用済み電池の処理方法は、一般に使用済み乾電池と同様だが、自治体により異なる。 ボタン電池と違って、リチウムコイン電池(CRxxxx)は水銀を含んでいないため、店頭回収の対象外。

AirTagに付属の電池(Panasonic製)を使用前に測ると3.46V。新品の電池は3.4V以上ある。

余談だが、一般にCR2032電池は新品で3.4V以上あって、使っているうちに電圧が落ちてきて、2.8V程度まで落ちたら消耗状態(要交換)となるが、交換目安は機器により異なる。

AirTagは、試しに2.94Vの電池を入れたら「バッテリー残量低下」表示が出たので、3Vを下回ってくると交換の目安だろうか。

ちなみに2.75Vの電池を入れたら起動したものの、電波があまり飛ばず、すぐに電池交換しろと言われた(^^;。

AirTagを削除する

「探す」アプリで持ち物をタップし、スクロールすると削除リンクがある

Apple ID から削除する

AirTagを使わなくなったときや、譲渡するとき、またはiPhone・iPadの利用をやめるときには、AirTag を Apple ID から削除しておこう。

AirTagは持ち主から離れて(持ち主のiPhone・iPadのBluetooth電波が届かずに)3日8~24時間ほど経つと音が鳴り始めるので、AirTagをペアリングしたままで物置に入れてしまったりせず、長期間留守にする時を含め、一時的にでも使わないときは電池を抜くか、一旦削除しよう。削除した後も再度接続すればまたすぐに使えるようになる。

特に、AirTagを削除せずにiPhone・iPadの利用をやめると後々面倒なことになる(Appleに泣きついても削除してもらえない)ので、しばらく使わないときは一旦削除をお勧めする。iPhone・iPadからAndroidなどに乗り換える場合にも、予め削除を忘れずに。

AirTag の削除には、iPhone・iPadの「探す」(FindMy) アプリが必要(パソコン等のWebブラウザで「iPhoneを探す」を開いてもAirTagは出てこない)。

「探す」アプリを開いて持ち物をタップし、スクロールすると、いちばん下に「持ち物を削除」がある(右図)ので、ここをタップ。

続いて確認画面が出るので、問題なければ「削除」をタップ。

AirTagがBluetooth電波の届かない場所にあるときは、再度確認が出る。できれば AirTag の近くへ移動して、BluetoothをONにしてから削除しよう。

強制リセット

Bluetoothの電波が届いている状態で Apple ID から削除したときは、この操作は不要。

AirTagが近くにない(譲渡した後などの)場合は、Apple ID から強制削除した後、AirTagをリセットする必要がある。

  1. AirTagの電池カバーを外す
  2. 電池を取り外す
  3. 電池を取り付ける
  4. 電池を押し、AirTagからピロピロピロ…と小さな音が鳴ったら、電池を離す
  5. 4.の操作をあと4回(計5回)繰り返す
  6. 電池カバーを取り付ける

Apple ID から削除されていないと、本体リセットしても登録できないので、使えない。 つまり、落とし物を拾っても使えないので、速やかに交番に届けてあげよう:)。

失くした場合はしばらく Apple ID から削除せず、戻ってくるまで待つと良いかも。

参考リンク

関連記事