iPad mini (第5世代)

提供: きまぐれ手記 Kimagurenote
移動先: 案内検索
iPad mini
IPad mini 5 sg.jpg
第5世代 スペースグレイ
メーカー Apple
発売日 2019年 3月
OS iOS 12.1.4 > iPadOS 14
通信方式 LTE (4G)
SIMタイプ nano + eSIM
▶Cellular版
NTTドコモ【◎】 au【◎】 SoftBank【◎】 楽天【○】
◎=幅広く対応 ○=主要バンドに対応 △=一部のみ対応(非推奨) ●▲=要SIMロック解除
サイズ <小> 縦203.2×横134.8×厚さ6.1 mm / 重さ 300.5 / 308.2 g
性能 / SoC ◎ / A12 Bionic
メモリ(RAM) (3GB)
内蔵ストレージ 64 / 256 GB
ストレージ増設 ×
電池容量 19.1Wh
急速充電 ○ (USB PD 互換)
端子 Lightning
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 5.0
NFC ×
GNSS(GPS等) × / ○ (Cellularモデル)
生体認証 Touch ID
防水 ×
MHLDP出力 ○ 要アダプタ
ディスプレイ 7.9インチ Retina 2,048×1,536px
アウトカメラ 8MP f/2.4
インカメラ 7MP
イヤホン端子 ○ ⌀3.5mm 4極 CTIA
ストラップ ×
本体色
参考市価 50,380円(64GB Wi-Fiモデル、税込)~
iPad mini 仕様

iPad mini(アイパッド ミニ)は、米国Apple社製のタブレット端末。

iPadOSを搭載。iPhone (iOS) と互換性が高く、iPhone向けアプリの多くが動作する。

本稿は、筆者が使っていた iPad mini 第5世代のCellularモデルを対象にしているが、キーボードの設定などOSレベルの話は、他のモデルでも同様だと思う。

2021年9月、待望の後継機種が発売された。最新の記事は iPad mini (第6世代) を参照。

iPad mini 第5世代 の特徴

2019年 3月30日頃発売。正式名称は「iPad mini」(アイパッド ミニ)だが、初代 iPad miniと区別するために便宜上「iPad mini 5」「iPad mini 第5世代」などと呼ばれる。

203.2×134.8×6.1mm、308.2g(Wi-Fiのみのモデルは300.5g)。タブレットの中では小型で高性能。

地域や店舗により発売日が多少前後していたよう。当初、Cellular版はApple直販と3大キャリアでのみの販売だったが、2019年10月18日頃より、一部の家電量販店でもCellular版(SIMフリー)が販売されるようになった。

Wi-Fiモデルと、Wi-Fi + Cellular モデルがある。また、内蔵ストレージ容量別に64GBと256GBの2モデルあり、各々に筐体色がスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色。計12モデル展開。

内蔵ストレージ64GBモデルと256GBモデルの価格差は18,700円(税別17,000円、Wi-Fiモデルの新品Apple Store価格)。用途によるが、出先で動画を見たりやゲームをする人は、多い方が良いと思う。Webや文書の閲覧・校正、簡単なプレゼンといった用途ならば、64GBで充分だと思う。

Wi-Fiモデルと Wi-Fi + Cellular モデルの価格差は16,500円(税別15,000円、ストレージ64GBの新品Apple Store価格)。筆者はCellular版を強くお勧めするが、モバイルルータテザリング利用が苦にならず、少しでも出費を抑えたい人は、Wi-Fi版でもいいかも。

Cellular版は 4G LTE データ通信に対応しており、nanoSIM×1、eSIM×1 を搭載している。データ通信専用なのでDSDSではないが、再起動不要で随時切り替えて使える。

例えばeSIMにはIIJmioの格安「ギガプラン」を、nanoSIMにはワイモバイルのシェアプランを入れておき、普段は格安ギガプランを使いつつ、平日昼や通勤時間帯などの混雑時にはワイモバイルに切り替えて使う、または契約データ容量が足りなくなったらもう片方に切り替えて使うといったことができる。

対応バンド構成

IIJmio(みおふぉん)
A2124 Wi-Fi+Cellularモデル

  • FD-LTE (4G) Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 66
  • TD-LTE (4G) Band 34, 38, 39, 40, 41, 46
  • W-CDMA (3G) Band 1, 2, 4, 5, 8

※太字は日本国内で使われているバンド

日本では、NTTドコモauUQモバイルソフトバンクワイモバイル楽天モバイルで使える(各MVNOでも使える)。各社プラチナバンドや東名阪バンドにも広く対応しているので(Band 42 のみ非対応)、4G (LTE) が使える契約ならば、全国で快適に使える。

ただし、キャリアが販売している端末はSIMロック解除が必要。SIMロック版は中古買取店の査定も下がるので、定価で買うならわざわざSIMロック版を買わず、家電量販店や Apple Store でSIMフリー版を買う方が良いと思う。

また、楽天モバイルは非公式対応。楽天モバイルは基地局密度が低く、エリアマップに色が付いていても電波を掴まない場所が多いため、非公式機種ではパートナー回線を先に掴んでしまうことが多く、なかなか使い放題にならない。パートナー回線を5GB以上使うと規制されるし、規制されても料金は取られるので(「一年無料」キャンペーン中は無料)、お得感は無い。

楽天モバイルの楽天回線/パートナー回線を識別する方法は提供されていない。iPadOSに搭載されているサービスメニューを起動する方法は「FTMInternal-4 shortcut」で検索。

iPadではワイモバイルのシェアプランUQモバイルなどの格安プランを使う方が良いと思う。

iPadでは通話できず、SMSも使えないので、SIMを新たに用意する場合はデータプランで良い(通話SIMやSMS対応SIMを使っても差し支えない)。

屋外でパートナー回線が提供されていない東京都などで使うぶんにはこの問題は起きないが、建物に入るとすぐに圏外になったりするので、楽天モバイルはeSIMに入れて、他社のSIMと併用するのが良いと思う。

APN設定(Cellularモデルのみ)

iPadではAPNを設定できる 【設定 > モバイルデータ通信 > APN設定
キャリアが対応していれば、IPv6も利用できる

iPadを販売している「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」契約のSIMを使う場合は、APN設定不要で自動設定される。ただし、「ソフトバンク」契約の音声対応SIMにはIMEI規制がある(SIMごとに使える機種を制限している)ので、データプランのSIMしか使えない。わかりにくくて面倒で割高でいいこと無いので、大手3キャリアとの直接契約は避けるのが無難。

ワイモバイルUQモバイル楽天モバイルおよびMVNO各社のSIMは、APN設定(右上図)すれば使える。

iPhoneでは「構成プロファイル」が必要になるが、iPadではiPhone用の「構成プロファイル」を使うこともできるし、APNを設定することもできる。【設定 > モバイルデータ通信 > APN設定

設定値は各社の案内を参照。通話やSMS・MMSには対応していないので、IMSMMS関連の設定は不要。

キャリアが対応していれば、IPv6も利用できる。 テザリング(インターネット共有)も利用できる。

充電・同期

充電・同期(データ転送)に使う端子は相変わらずLightning。 今時はAndroidスマートフォンもパソコンもほとんどが USB Type-C になっているというのに、iPadのためだけにわざわざLightningケーブルを用意する必要があって煩わしい(x_x)。

付属の充電器・ケーブルは急速充電に対応していないが、本体は USB PD 互換の急速充電に対応しているので、出先で充電する機会がある人は、市販の USB Type-C 対応ケーブルと充電器を用意しておくと便利。

iPad (第8世代) などの2020年モデルでは USB Type-C が採用されたので、2021年 3月登場が噂されている iPad mini (第6世代) では USB Type-C に変わるだろうか?(変わってほしい)が搭載されたので、筆者は発売日に買い換えた:)。

イヤホンマイク

iPhone 7 以降ではイヤホンマイク端子が廃止されてしまったが(;_;)、iPadには搭載されているので、市販のイヤホンマイクを使える。リモートワークで増えたZoom会議にも便利だ。

イヤホンマイクの場合、市販の CTIA (Cellular Telephone Industry Association) 準拠の4極ステレオミニプラグの製品が適合する(マイクの無いイヤホン・ヘッドホンの場合は、3極ステレオミニプラグ)。

筆者は 1MORE EO320 を使っており、マイクはもちろん、リモコンの再生/停止や音量ボタンも含めて動作している。

ハードウェアキーボード

JISカナ入力

iOS・iPadOSのキーボードはMacと互換なので、JIS配列のApple純正キーボードを使うと、iPadでもJISカナ入力できる。

市販のLightning対応USBハブを使うと有線接続もできるが、iPadは持ち運びが前提になると思うので、Bluetooth無線接続の方が良いと思う。

サードパーティ製品では、iPad対応を謳っている機種でもUS配列キーボードして認識される製品が多く、この場合はローマ字入力はできてもカナ入力はできないので、要注意。

筆者が試した範囲では、EWINというメーカーのBluetoothワイヤレスキーボードをMacモードにすると、日本語配列キーボードとして認識され、カナ入力できた。「¥」キーが変な位置にあって、左Shiftキーを押しづらいことと、電源スイッチを操作しづらいのが難だが、それ以外の癖はなく、小型軽量モデルの中では使いやすい。しかも2千円ほどで買える。

WindowsキーがCommandキーになる。Optionキーに相当するキーは無し。

iPadOS 14 外付けキーボードでカナ入力するための主な設定項目
iPadOS 14 では、ControlキーとCapsLockキーの入れ替えに標準対応している

iPadOS 14 での設定方法

  1. 【設定 > Bluetooth > Bluetooth をON】
  2. キーボードの電源を入れてペアリング操作(各キーボードの説明書を参照)
  3. iPadに「Keyboard」と表示されたらタップする。追加の操作が必要な場合は画面の指示に従って操作する。
  4. 「自分のデバイス」欄に登録され、「接続済み」と表示されたらOK
  5. 【設定 > 一般 > キーボード > キーボード】を開く
  6. 画面に「日本語 - かな入力」が表示されていない場合は、「新しいキーボードを追加…」をタップし、日本語 > かな入力 を追加する。
  7. 【設定 > 一般 > キーボード > ハードウェアキーボード】を開く
  8. 日本語 - かな入力」をタップし、「かな入力」を選ぶ
  9. その他の項目は必要に応じ設定。「ライブ変換」は煩わしいので無効にすることを推奨。「Caps Lockを使用して言語を切り替え」を有効にすると、CapsLockをカナロックキーのように使えて便利。
  10. 【設定 > 一般 > キーボード > ハードウェアキーボード > 修飾キー】を開くと、Caps Lock, Control, Option, Command の各キーに機能を割り当てることができる。CapsLockとControlを入れ替えるのもここで簡単にできる。

他社のキーボード

他社でもiPad対応を謳うBluetoothキーボードを市販しているが、USキーボードと認識され、カナ入力に支障をきたすものも多い。メーカーホームページ等で対応情報をよく確認してから購入しよう。

ELECOMでは情報を公開しているので、参考までに。

参考リンク

関連記事